危惧すべきことについて

携帯電話が普及してメールができるようになりました。
そして、パソコンが普及したおかげで文章内などもパソコンでやることが多くなってきました。
これらのIT機器が普及したことで、私たちの生活はとても便利で豊かなものになりました。

しかし、その便利さとは裏腹に、危惧すべき点はいくつかあると思います。
ネット犯罪などの類についてはもちろんのことですが、普段の生活の中でこれはまずいのではないか、と思うことがあります。
それは、簡単な感じでさえも忘れてしまっていて書けなくなっていることです。
パソコンではひらがなで入力した文字を変換するだけで漢字に直してくれます。
不思議なもので、書くことはできなくても読むことはできます。
かけなくてもこの意味を伝える漢字はこの漢字という風にできます。

おそらく、書く機会は少なくても読むことに関しては普段の生活にあふれているからだと思います。
私の昔からの勉強法はとにかく、書くということでした。
漢字の勉強に限らずです。
中には歴史などの勉強については書かずとも読むだけで頭に入る友人もいましたが、そんな人でも漢字などについてはやはり、書くということで覚えます。

これからの若者たちにとってネットや携帯電話、パソコンと言った機器は当たり前のものとなっています。
学習にタブレットなどを導入している学校もあるぐらいです。
しかし、その中でもやはり書いて覚える、といった内容が入っていれば問題はないと思います。
しかし、簡単に物を調べることができる、という点については自分でもっと調べて追及していこうという気持ちにかけてしまうのではないかと思うのです。

コメントを残す